acotto à paris - パリに暮らすアコットのはなし。-

acottoのパリ生活いろいろ。フランス生活のこと、おすすめレストラン、趣味のものづくりについて等のんびりと書いています。

パリでPACS 必要書類【2017年9月】

f:id:acotto:20170923005005p:plain

 5月に渡仏してから彼と「PACSしようか〜」という話になり、

6月頭から準備を始めました。

のんびりしていたわけではないのに、書類関係が色々と大変で

結果的にPACS締結は11月頭になりました。5ヶ月・・・長っ。

 

準備にあたって、いくつかのブログを参考にさせてもらってとても助かったので、

この記事も誰かの役にたてば嬉しいなと思い、書き残すことにしました。

 

下記は外国人である私の必要書類です。

フランス人の必要書類については別途ご確認ください(とってもシンプルです)

こちらは2017年9月にパリ5区で申請した場合のものです。

必要書類は住んでいる場所で違ったり変わることもあるので、Service Publicのサイトおよび管轄の裁判所(近々、管轄は市役所になるそうです)で各自確認してくださいね。

https://www.service-public.fr/particuliers/vosdroits/F1618

 

 

PACS必要書類

①戸籍謄本

 Acte de naissance (copie intégrale ou extrait avec filiation) に当たります。

本籍地の支庁でもらった原本に、外務省のアポスティーユと、法定翻訳家の翻訳が必要でした。

 

母に頼んで市役所に取りに行ってもらい、同時に、アポスティーユ申請のために、委任状を書いてフランスから日本にいる母に郵送しました。

そして、アポスティーユをもらうため、私の送った委任状と母に記入してもらった申請書と共に、外務省に郵送してもらいました。

※アポスティーユの取り方についてはこちら

3日ほどで外務省から母の元へ、アポスティーユのついた書類が返送されてきたとのこと。すぐにそれをフランスの私宛に、母から郵送してもらいました。EMSで送ってもらい、5日程で無事到着。渡仏してから郵便関係のトラブルが多かったので届くか心配だったけど、問題なく届いて一安心。

その書類を、法定翻訳家の方に依頼して翻訳していただきました。2日ほどで出来上がり。

パリには法定翻訳家の方は一人しかいないらしく、金岡直美さんという女性の方にお願いしました。とても丁寧で優しく素敵な方でした(*^^*)

戸籍謄本は発行から6ヶ月過ぎると無効になってしまうので、タイミングにも注意しましょう☆

 

②身分証明書

Certificat de coutumeに当たります。

私はこれも、戸籍謄本と一緒に本籍地の支庁で発行してもらいアポスティーユと翻訳をつけて提出しましたが、担当のマダムに

「Certificat de Coutumeは日本から取り寄せてわざわざアポスティーユつける必要もないのよ。フランスの日本大使館に「Certificat de Coutumeをください」って言えば、あっちで情報を調べて書類作ってくれるのに。無駄なことしたわね〜」って言われました・・

アポスティーユはいらないらしいと分かってはいましたが、他の人のブログを見る限りでは、みんな日本から身分証明書を取り寄せていたので、このマダムが言ってることが本当かはわかりません。。

でも、これから申請される方はぜひ、まず日本大使館に電話して聞いてみてください。

日本大使館の方は電話でも丁寧に対応してくれて、気持ちいいですよ(*^^*)

渡仏以来ビザの関係でフランスのあらゆるお役所に電話しまくってうんざりしてた私には、何度か電話した日本大使館が天使の館のように思えました。

 

③Certificat de Non Pacs

これはフランスで取り寄せるものです。

ここでトラブル発生してしまいました!Service-Publicのページを確認して、この書類は申請すれば数日〜1週間で届くとのこと。

「なになに、インターネットで申請できるんだ!楽チンでラッキー♡」

甘く見てました。。

 

2ヶ月半待っても届かない。2回も申請してみたのに。

しびれを切らして8月末に19区の裁判所に出向いて初めて分かったことですが、この申請サイト、なぜか3ヶ月前から不具合で一切申請が届いてなかったらしい。。

裁判所の人も、「サイト管轄の人に毎日電話して閉鎖をお願いしてるのにやってくれなくて困ってるのよ〜」と、「私のが困ってるのよ顔」。

結局、パスポートと①戸籍謄本を渡したら、その場で速攻で発行してくれました!

待合室で隣にいたカップルも同じ状況で、なんと500キロも車運転してきたらしい・・

電話してもオートメッセージだけで繋がらないので、直接行くしかないとは言え、500キロは可哀想すぎる(T_T)

ということで、数日で手に入るはずだったこの③Certificat de Non Pacs のために、無駄に2ヶ月以上待ってしまいました。

手紙で申請するのが確実らしいです。手紙で申請すれば2−3日で届くと言われました。

 

Convention de Pacsdéclaration conjointe de conclusion d'un Pacs au moyen du formulaire cerfa n°15428*01

これはサイト上の見本をそのまま使う、もしくは必要箇所を埋めるだけでした。

 

⑤Attestation sur l'honneur de l'absence de lien de parenté ou d'alliance (cerfa n°15432*01)

これはサイト上の見本をそのまま使う、もしくは必要箇所を埋めるだけでした

 

⑥Attestation sur l'honneur indiquant l'adresse commune des partenaires (cerfa n°15431*01)

これはサイト上の見本をそのまま使う、もしくは必要箇所を埋めるだけでした。

 

書類が揃ったら

9月上旬、上記①〜⑥とパスポート、パスポートのコピーを持って

彼の必要書類と合わせて、特にアポなしで5区のTribunal d'instanceへ。

書類をチェックしてもらい、問題なかったので、最短で締結日をとって11月頭になりました。

あとは指定の日時に二人揃って行くだけ。

 

最後に担当のマダムが教えてくれたんですが

パックスはずっと裁判所が扱ってたんですが、今年(2017年)11月から市役所での手続きに変わるそうです。なので、私たちも締結の日は市役所で。

別にそんなに変わらないと思うけど、裁判所よりは市役所の方が少しはロマンチックかも^^;(笑)

 

というわけで、あとは締結日に市役所に行くのを待つだけとなりました!

色々不備やトラブルがあったのもあり、長かった。

Pacsは簡単だと思ってたのに。つかれた〜。

 

 

(追記)Pacs成立日の記事はこちら♪ ↓